退社する際には、円満退社するに越したことはありません。 人間関係が原因で退社を決める人もいますので、絶対にそうしなくてはいけないというわけではありませんが、できるだけ円満退社した方が良いと思われます。 また、円満退社をするためにも、退職を考えていることをなるべく事前に話し、無断退社や電話で退職することを伝えるなどの行動はやめましょう。 円満退社できれば、会社に未練を残すことなく退職できますし、共に働いてきた同期や上司ともいい関係のまま退職することができるはずです。 さらに、会社限りの付き合いではなく、退職してからも食事に行ったりなどの関係を築いていくことも可能ですから輪も広がりますし、相談事を聞いてもらったりなどのコミュニケーションも取ることができますね。 仕事を辞める時には、自分も企業側も気持ちよく終わらせたいものだと思いますので、できるだけ円満退社できるように心がけましょう。 どうせ辞めるんだから円満退社じゃなくても、といったような考えはあまりよくありません。